金融機関はお金を貸す事で利益を得ています

金融機関と言うのは基本的にお金を貸す事によって利益を得ているのです。

 

お金を貸した時に利息を付する事で、それを利益としているのです。

 

ですから金融機関が利益を増やすためには、お金をたくさん借りてもらわなくてはいけないのです。

 

従来は貸し出し審査が厳しかったので、お金を借りる人が限られていました。

 

しかしそれでは金融機関も利益を増やす事が出来ませんから、貸し出し審査を緩くしたのです。
気になっている方は日本政策金融公庫で調べてみて。

 

それが今多くの人が利用しているキャッシングと言えます。

 

金融機関はできるだけ貸し出し審査を緩くすることで、一人でも多くの人にお金を借りてもらおうとしているのです。

 

しかしこのやり方はもろ刃の刃とも言えるのです。

 

貸し出し審査を緩くすると言う事は返済能力が低い人にでもお金を貸す事になり、金融機関としては貸し倒れのリスクがあるのです。

 

金融機関の貸し出し審査が簡単になった事で私たち消費者は大助かりしましたが、金融機関側としてはリスクを負った戦略と言えるのです。